箸方化粧品の化粧水

dscn8083

以前、知り合いのメイクアップ講座に参加したことがあり、そこでメイクしてくれる方が、メイク前に塗り塗りしていた美容液。

化粧水にしてはちょっと粘っとしたとろみがあるので、美容液だと思っていたんです。

その後の肌がなんていうか、肌もパンとしてるし、角栓なんかも取れてきたようで、これなんなんだろう?ってずっと思っていたんです。

それからしばらく経って、メイクしてくれた方に会う機会があったので聞いてみたら、なんと化粧水とのこと。

ブランドなども教えてもらって早速購入しました。

実際使ってみたら、毎日使うと肌に少し赤みができたりしてたので、たまにローションマスクなどに使うことにしました。

18種類のアミノ酸やセラミド、ビタミンE、マカダミア種子油、ハマメリスエキス、アラントイン、オウバクエキス、ヒアルロン酸、リピジュア、水溶性ビタミンCなどなど、いろんな美容成分が含まれているんです。

この化粧水はなんと1,000円で、メイクの先生はこれ1本でスキンケアが済んでいるって言ってました。

先生は、何度も何度も重ねづけしていたので、さっと付ける感じじゃなくって、たっぷり染み込ませる感じで使うとこれ1本でも十分潤うのかも。

 

 

肌の乾燥・・・

今年は秋頃から、ひどい乾燥に悩まされました。

肌の調子が変わってるんでしょうね。

でも、今までと同じようなケアをし続けていたので、ちょっとひどくなってしまったみたいです。

今まで、表面上は脂っぽいことが多かったので、クリームやオイルなどをたっぷり使うっていう習慣がなかったんです。

最近になってやっとそのことに気づき、保湿ケアを心がけるようにしたら、少し回復してきました。

一つはやっぱりローションパック。

そんなにがっちりやらなくても、化粧水をつけたコットンにたっぷり化粧水を染みこませて、何分かパックしておくだけでしっとりします。

それから、たっぷりの美容液。

あとは、フタをするためのクリーム。

これも、今までは軽く付けていたんですが、なるべくたっぷり使うようにしてます。

寝る前は、洗い流し不要の塗るだけパックも使ってます。

あと、これが一番大事だったなって思ったのが、クレンジングです。

クレンジングは、クリームタイプのが乾燥しないって思われてますけど、モノによります。

私はクリームタイプのものしか使わないんですが、質によって、肌のしっとり具合は全然違います。

ここを肌に合うものに変えてあげるだけでも、かなり乾燥しなくなります。

あとは、保湿力の高いファンデーション

コッテリ系の油っこいものじゃなくっても、美容成分がふくまれていて、潤いが持続するものもあります。

スキンケアをしっかりしているので、ファンデは軽い感じで潤うものがいいかなと思います。

オラクル(コスメ)お試し

DSCN6639

もう2年くらい前から使ってみたいなーと思いつつ放置していたオラクルのコスメ

お試しセットです。

このセット、じつは7000円分くらいの化粧品が入っているんだそう。

それが、1600円でお試しできるんです。

1週間分が入っているのですが、美容液やクリームなどはそれ以上使えます。

早くなくなるのが化粧水かな。

これは口コミなんかでもみんな言ってますけど、まず手に取って思うのは、「香り」。

花のコスメなんて呼ばれてますけど、普通に想像するようなフローラルな香りではないです。

そうですね・・・エッセンシャルオイルをそのまま嗅いでいるような強い匂い。

もしかしたら、苦手な方もいらっしゃるかもです。

ただ、私も最初は少し強いなと感じましたが、使っているうちに慣れてきて、いい香りだなーと思うまでになりました。

量を使うような例えば洗顔料とか化粧水とかは少し軽め。

クリームなどは濃厚な香りなので、使う量が違うので、そのまま嗅ぐのとは少し違うのかもしれません。

オラクルの化粧品は、使うと肌や心がホッとするような感じ。

日々いろいろなストレスを抱えていると思うんですが、

じつはいつも使っている化粧品にもストレスのかかるものがあるのかもしれない。

ファンデーションとかは、いろいろあるでしょうけど、その性質上、肌の上に膜を作っているようなもので、オイルなどが含まれていれば圧迫感なんかもあって、時間とともに崩れるし、それなりにストレスなんじゃないのかなって思うんです。

もしかしたら、素材にもストレスを受けるものがあって知らず知らずのうちに緊張してる・・・

オラクルの化粧品にはそれがないので、気持ちがほぐれるところがあります。

一日の終わりに使う化粧品としてはとても合っているんじゃないかなと思います。

夜に使うために、化粧品とナイトクリームくらい欲しいなーなんて、夢ですね~♪

オラクル トライアルキット

ビーグレンは毛穴に効く

毛穴の開きって気になります。

ファンデーションを塗るとファンデが落ち込むし、

脂分が多い場所が開いていることが多いので、とくにギラついて目立ちます。

自分で見てると、きもちわるいです。

目を寄り目にして、見てるほうもどうかと思いますが。

口コミなどをたよりに、使ってみたのがビーグレン。

ビーグレンって、たぶん聞いたことがある人は少ないのかもしれないな。

私は、以前から知っていたのですが、ビーグレンの美容液が毛穴にいいなんて知らなかった。

実は、気になっていたアイテムだったので、セールを機に買ってみました。

DSCN7379

なんか、使ってみると面白いんだけど、

なぜかふわっと温かくなる。

これは、浸透するときにそう感じるのかな?

それとも、ビタミンCの仕業とか?

というのも、普通、化粧品ってビタミンCを配合するとき、ビタミンC誘導体にしてから配合すると思うんですが、ビーグレンは違う。

なんか、そのあたりがもう、他と違うなって感じです。

独自の浸透技術を持っているので、わざわざ誘導体にする必要がないんですって。

この浸透技術は、医療に使われているリポソームに似たようなものらしいです。

なんでも、真皮まで到達しているらしいですよ。

ホントかウソかというのはどうでもよくって、結局効くか効かないかです。

これが、結構効くので驚きなんですよね。

ビタミンCが毛穴に効くっていうのは知っていたんですが、

たしかに、ビタミンCそのまま入っているんですから、効果が出て当然と言えば当然なのかもしれません。

そうそう、ビタミンCは、乾燥しやすいって言われてますが、私が使った限りでは、ビーグレンのCセラムをつけて、乾燥した感じはしませんでした。

Cセラムについてさらに詳しくはコチラ>>もどうぞ。

ヒアルロン酸より保湿力の高い新成分の名前は?

保湿成分として人気が高いヒアルロン酸とコラーゲン。

ですが、最近、この2つに代わる、新しい保湿成分が話題となっています。

この新しい保湿成分の名前は、「プロテオグリカン」といいます。

ヒアルロン酸の130%の保湿力をもち、真皮のヒアルロン酸やコラーゲンを増加させるEGFよう作用も持っています。

プロテオグリカンは、もともと体の中にある成分で、主に真皮にあって、肌のハリや弾力を支える重要な成分。

潤いを蓄え、細胞を活発にさせてターンオーバーを正常にする作用を持っています。

このプロテオグリカン、以前は1g、3,000万円もする高級な原料でした。

そのため、実用化はされていませんでした。

ですが、非加熱で大量のプロテオグリカンを抽出する技術の開発に成功。

低コストでの供給が可能になりました。

徐々に、化粧品や医薬品に利用されています。

プロテオグリカン配合の化粧品・サプリ>>

化粧品はバリア機能を超える?

皮膚の一番外側、角層にはバリア機能があるので、異物等が内部に侵入しないということになっています。

なので、化粧品の成分も、角層を通り抜けることはないと言われています。

いや、でもなんとか通り抜けさせようとさせているんでしょうけど。

ですが、化粧品は治療するものではないので、決して真皮まで浸透してはいけないとも聞いたことがある。

美白成分などは、表皮の細胞に届けばいいのですが、シワに効果を期待するとすれば、真皮まで届く必要があるとか。

では、真皮まで届くことがないのかというと、実はあるんだそうです。

変なものを付けてかぶれているというのは、各層を通り抜け、ヘンなものが、表皮や真皮にまで届いているからだそう。

実際に角層を通り抜ける物質は存在していて、何種類もあるそうです。

ビーグレンって正直どう?

ビーグレンの化粧品は、「アンチエイジング」「美白」「ニキビケア」「毛穴ケア」「たるみ」・・・といった悩みに対して、ポイントでケアができるようになっています。

IMG_6427

ビーグレンの化粧品は、自分の悩みについて、ピンポイントでケアできるため、使ってみたいなと思っている方も多いと思います。

さらに、この悩み別のスキンケアはそれぞれトライアルセットが用意されているので、試しやすくなってます。

私も「美白対策セット」を試してみました。

私が試したのは旧タイプなので、ホワイトクリーム(旧美白クリーム)とCセラム(美容液)と保湿ジェルのセットです。


DSCN0815

この中で、リピートしているものがあり、それは保湿ジェルです。

ビーグレンの化粧品を使ってみて、正直な感想としては、「アンチエイジングに効果がある」ということです。

試してみたものが「美白対策セット」でしたが、すぐに美白の効果があるかどうかというのを見極めるのは難しいと思います。

ですが、すぐに気がついたのは、肌のハリとか、たるみの改善、ツヤなどです。

5年くらい前の肌の感じを思い出しました♪

いや、もしかして、10年かも??

実際には、あまりシミやくすみは気にしていなくって、どちらかというと気になっていたのは、「たるみ」。

ほうれい線や、目の下のクマ、フェイスラインがぼんやりしているのが気になっていました。

なので、使ってみてすぐに効果が出たということがわかったのが、「フェイスラインが引き締まった」ということです。

それだけでなんだか若返った感じになります。

これは嬉しいですよ♪

美容液は1度リピートしましたが、値段が高いため、保湿ジェルのみ使い続けています。

使ってすぐに効果が実感できるというコスメは正直言って少ないと思います。

また、効果を持続させる・・・というのも難しいですよね。

最初は効果があった気がするのですが、続けていくうちに薄れていく・・・ということが多いです。

ビーグレンの化粧品は、使う度に効果を感じることができるので、ここぞというときには特に頼りになります。

肌の奥まで浸透しているかどうか・・などはわかりませんが、とりあえず、他の化粧品よりは、効果を実感するスピードが速いと感じました。

シミ対策美白スキンケア トライアルセットはこちら>>

年下の彼と向き合えない理由

最近、歳の離れたカップルが多いですよね。

芸能人のカップルでもよく見られますが、一般の人でも、年下の男性と付き合う年上の女子も多いとか。

実際、同じ会社の男性とか、よく行くお店の店員とか、イケメンのどう見ても自分よりかなり年下・・・な男性にココロ惹かれている女性も多いと思います。

ですが、気軽にお茶に誘うどころか、話をするのも気が引ける・・・という女性もけっこう居るんです。

どうしてかというと、自分の年齢が気になるから。

では、いったい何が気になっているのかというと・・・

やっぱり、「顔」なんです。

30歳を越えるくらいから、女性は「お肌」に対する悩みが増えてきます。

シワ・シミ・たるみ・・・など、お肌の悩みは、歳相応でも、相手が若い男性となると、とても深い悩みになってきます。

でも、あきらめないでください。

使うと「若返る」化粧品があります。

極端に言ってしまうと、若くてもシワやシミなどが多少ある人も居ます。

要は、「若く見える」ことが大事なんです。

若くさえ見えれば、ほかの事はいくらでもカバーできます。

私も、ずっと知らなかった化粧品だったのですが、商品説明を読んでいると、「これが化粧品と言うものなんじゃないだろうか・・・」と納得させられ、心強い見方になってくれそうな気がしました。

最初はトライアルセットを買ってみたのですが、使ってすぐ、「あ、私って、そういえば5年くらい前はこんな顔していたっけ・・・」と思い出したくらいです。

簡単に言うと、たぶん、「たるみ」が改善されるのかなと思います。

目の下のクマや、ほうれい線、ぼやけたフェイスラインなど、歳を取って見せてしまう原因は、「たるみ」に大きな鍵があるような気がします。

この化粧品に出会って、若返って嬉しいな♪と思っていた丁度そのくらいに、5歳年下の男性とつきあうきっかけがありました。

もちろん、そのときも、自分の歳を気にすることなくお付き合いできましたよ。

今現在リピートしている化粧品は1種類くらいで、年下の男性(2つ3つですが・・)からも、付き合ってと言われることも多く、年上の男性からは、どうしてそんなに若く居られるの?って聞かれます。

たかがお肌のことなんですが、自分に自身が持てるようになることで、いろんなことが上手くいきはじめるんです。

もし、自分が彼より歳だから・・・とか、最近老けてきたから、自分に自身が持てなくなった・・・という人は是非一度試してみるべきです。

私が自分に自身が持てるようになった化粧品ははこちら>>

リップクリームの効果的な使い方

IMG_1073くちびるが乾燥する季節になりました。

口紅をつけても、カサカサだとガッカリしてしまいます。
でも、ケアしているつもりでも、すぐにガサガサしてくるのがくちびる。
くちびるには、皮脂腺や汗腺がないので、水分が蒸発しやすく、バリア昨日が他の部分よりも低いんです。

リップケアは、毎日しないとだめです。
一日の中でも、いろんなリップクリームを使い分けすると効果的。

朝は、口紅の下地として使う人が多いと思いますが、この場合は、マットタイプのリップクリームがオススメです。

日中、乾燥が気になるときはリップクリームをこまめに塗りなおしましょう。
日中は、UVケアのできるものがおすすめです。
夜は、保湿効果の高い夜専用のリップクリームを塗って寝るのがオススメです。

乾燥がひどいときは、リップパックをしましょう。

リップクリームを塗って、その上にラップを貼り付けます。
そうしておいて、何分か経ってから、はがして口紅を塗ると、ビックリするくらいしっとりになっています。

>>リップケア部門1位のリップクリームは?

乾燥対策

夏の間に、たくさん紫外線を浴びた方、目の周りや口の周りに乾燥が気になってきた方、化粧水をつけてもつけてもどんどん吸収してしまって、乾燥を感じてしまう方、小じわ・くすみを感じるという方、こんな人は、保湿ケアを見直しましょう。

10月は、気温や湿度が低下し始め、一方肌は夏の間紫外線を浴びて角質のバリア機能が低下しているとき。
このせいで、お肌が部分的に乾燥し始めることが多くなってきます。
とくに目の周りや口の周りが乾燥しやすいのですが、頬がカサついているとしたら、乾燥が進んでいると思っていいです。

まずは保湿効果のある化粧品でケアすることですが、保湿ケアに効果がある成分は、ローヤルゼリーエキス、コラーゲン、ヒアルロン酸、コエンザイムQ10など。
このような成分が含まれている化粧品を選ぶとよいです。

化粧水は、もうこれ以上しみこまないくらいつけていきますが、このときコットンを使うと、目安が分かります。
化粧水を含ませたコットンで優しくパッティングしていると、コットンが乾燥してパサパサと毛羽立ってきます。これはまだお肌に化粧水が入る証拠です。
また、コットンに化粧水をプラスして再度パッティングしていきます。
コットンが乾燥しなくなるまでお肌に化粧水を与えてあげます。
パッティングは、くれぐれもパチパチ強くやらないように、優しく優しくやります。

化粧水を付けたら、乳液や美容液を手にとって、顔全体に伸ばします。手のひら全体で口元や頬、目元などを圧迫します。
そのあと、頬からこめかみを手全体でじっくりと押さえます。
次に頬骨から額にかけけて同じように押さえ、こめかみから額にかけて、手のひら全体で押さえて圧迫してあげます。
これは、手のひらパックといって、お肌を蒸して保湿する方法。手のひらだけでできるので簡単です。

>>30代のお肌の乾燥対策