m-トラネキサム酸(美白成分)

トラネキサム酸は、医薬品の抗炎症剤として知られる成分です。

化学名は、trans-4-アミノメチルシクロヘキサン酸。

m-トラネキサム酸は、肝斑の治療にとても効果的な内服のトラネキサム酸を外用にしたもの。資生堂が開発した美白成分です。

m-トラネキサム酸の「m」はメラニンの生成を抑える効果を表しています。

紫外線を浴びると、表皮にあるメラノサイトで、黒くなるメラニン色素の生成が増加して、黒色のメラニン色素を過剰に蓄えた基底細胞は黒化基底細胞となります。

この部分がシミです。

これまでは、黒化基底細胞になると、細胞分裂がてかして、ターンオーバーを遅らせているということがわかっていました。

ですが、研究の結果、シミの周りの黒くなっていない部分は、ターンオーバーが速くなっていることがわかりました。

シミの周りの黒化していない基底細胞は過度の細胞分裂をして、過剰増殖した細胞が刺激細胞となります。

刺激細胞がメラノサイトを刺激し、メラニンを増やし続けるという悪循環となり、シミの原因になっています。

m-トラネキサム酸は、この、刺激細胞から放出される刺激因子を抑えるという効果があります。

リノール酸S(美白成分)

リノール酸Sは、サンスターが開発した美白成分で、リノレックSと呼ばれていますが、これは、サンスターがつけた愛称です。

リノール酸S脂肪酸の一種、紅花から抽出したリノール酸由来の成分ですが、食用油のリノール酸とは別のものです。

リノール酸Sも、チロシナーゼの活性化を抑えるタイプの美白とは違う働きをします。

こちらは、チロシナーゼを分解して量を減らすと言う働きがあります。

これによりシミの基が作られにくくなるという仕組みです。

また、リノール酸Sには、さらに、出来てしまったメラニンを排出するという働きもあります。

チロシナーゼを分解してメラノサイトでメラニンを作らせないという作用と、できたメラニンを排出するというダブルの働きがあるため、リノール酸Sは、スーバー美白成分と言われます。

カモミラET(美白成分)

カモミラETは、花王が開発した美白成分。

カミツレの葉から抽出した成分です。

カミツレというのは、英語名はカモミールといいます。

カモミールという名前は、ハーブとして有名なので聞いたことがある人が多いと思います。

このカモミールの葉から抽出した美白成分カモミラETは、他の美白成分とは少し違った働きをします。

チロシンとチロシナーゼが結合しメラニン色素を作りますが、殆どの美白成分が、このチロシナーゼの活性化を抑える働きをします。

ですが、このカモミラETは、メラノサイトという、メラニンを作る工場に、「メラニンを作れ」という指令を出さないようにする働きがあります。

この指令(情報伝達)をエンドセリンといいます。

肌が紫外線を浴びると、ダメージを記憶して、その後一定の間、紫外線を浴びなくても、このエンドセリンが増えます。

シミの周りの表皮細胞には、エンドセリンが分泌され、そのため、シミがあるとさらに濃くなったり、新しくできたりという状況になっているんだそうです。

花王は、コレを、「『紫外線の記憶』をなかったことにできるただひとつの美白成分」と表現しています。

ルシノール

ルシノールは商標名で、化学名は、4-n-ブチルレゾルシノールといいます。

ポーラがシベリアのモミの木に含まれる成分から改良し、開発した美白成分です。

1998年に厚生労働省に認可されたので歴史ある成分といえます。

チロシナーゼがチロシンとが結びつくことでメラニンが生成されますが、両者はちょうどカギとカギ穴のような状態になっています。

ルシノールはチロシナーゼのカギ穴とピッタリあうカギを持っています。

ルシノールとチロシナーゼが合体してしまうので、チロシンとチロシナーゼが合体するのを防ぎます。

ごく微量で効果を発揮する成分で、チロシナーゼの活性化を抑制する効果はアルブチンより優れています。

(アルブチンもチロシナーゼと結合するため、メラニンの生成を抑え、ルシノールと似た作用があるが、どのくらい似ているのかは不明)

コウジ酸(美白成分)

コウジ酸は、麹菌が登を発酵させることによって生成されるもので、1900年に発見されたもの。

麹を扱う職人さんの手が白いということから研究が始まり、厚生労働省に1988年に美白成分として認可されました。

一時発がん性があるということで、医薬部外品への使用が中止されましたが、メーカーが追試験の結果、安全性を確認。2005年に使用中止が撤回されたという経緯のある成分です。

三省製薬が開発し、素材提供を受けコーセーから化粧品が発売、その後三省製薬からも美白に特化した化粧品が出ています。

コウジ酸もチロシナーゼから銅を奪うこと(キレート作用)で、チロシナーゼの活性化を抑制します。

そのため、予防美白となります。

(濃度が高ければ還元作用もあるという情報もありましたが、確認が取れず・・・)

キレート作用⇒ある分子がカニのはさみのように金属イオンと強く結合し、安定な化合物(錯体)を作る作用

エラグ酸(美白成分)

エラグ酸は、いちごやざくろなどに含まれるポリフェノールの一種で、ライオンが開発、特許をとっています。

チロシナーゼの活性化を抑えるので予防美白。

チロシナーゼというのは、銅イオンと結合して活性化する酸化酵素の一種。

動物の皮膚や昆虫の体液、植物の細胞内に存在しています。

アミノ酸のチロシンがこのチロシナーゼという酵素とくっついてどんどん変化、最後にはメラニンになります。
⇒メラニンのルーツ参考
ジャガイモやりんごなどが黒くなるのはこのせいです。

エラグ酸は、この銅イオンを奪う効果があるため、チロシナーゼが活性化しないという仕組みです。

還元作用もあるが、高濃度配合しなければ効果は出ません。

日本の規制では、濃度の高いエラグ酸配合化粧品は作れません。

なので、実質還元作用は無いということになります。

アルブチン(美白成分)

アルブチン・・・

美白と聞くと、アルブチンを思い出す人も多いのではないでしょうか?

20年以上前に資生堂が開発し、既に特許が切れていますので、いろんなメーカーから

アルブチン配合の化粧品が発売されています。

一般的に「アルブチン」と呼ばれているのは、正確にはβ-アルブチンといいます。

アルブチンというのは、コケモモや梨、ウワウルシなどの植物にも含まれている成分で、ハイドロキノンの誘導体です。

ハイドロキノンはとても強い美白作用がありますが、副作用もあるため、日本では化粧品に配合されるようになったのは2001年の規制緩和後のことです。

そのハイドロキノンをまねて開発したのが、ハイドロキノン誘導体のアルブチンです。

近年江崎グリコがスイスのペンタファーム社と共同で開発した、α-アルブチンもあります。

このα-アルブチンは、β-アルブチンにくらべチロシナーゼを阻害する力は、10倍以上ということで注目される成分なんですね。

アルブチンは、チロシナーゼに作用し、メラニンの生成を抑えるので、予防美白成分。

メラニン色素は、メラノサイトで、チロシナーゼが細胞の中にあるチロシン(アミノ酸)を元にメラニン色素を作ります。

αアルブチン・βアルブチンは、チロシナーゼに結合することでチロシナーゼがメラニンを生成するのを防ぎます。

メラニンのルーツ

美容に関心のある方なら、メラニンってよく聞く言葉だと思います。

にっくきシミの元になっているもので、このメラニンがお肌にはびこっているので、シミとなっている・・・なーんていうイメージではないでしょうか?

メラニンには、色の薄いフェオメラニン(黄色メラニン)と濃いユウメラニン(真性メラニン)というのがあります。

このメラニンって、いったいどんなものなのでしょうか?

メラニンが作り出される過程を見ていくと・・・

チロシンというアミノ酸が、チロシナーゼという酸化酵素とくっついてドーパというものに変化します。

チロシナーゼはドーパにも働いて、ドーパキノンという化合物に変化します。

ドーパキノンというのは、化学反応性が高く、酵素がなくても次々反応して変化し、最終的には、黒褐色の真性メラニンとなるんです。

人の皮膚や髪の毛などの色は、この2つのメラニンの複合体で、その比率によって、色に違いが出ます。

ちなみに、このドーパキノン、システインが存在しているとそれとくっついて、淡色のメラニンとなります。

淡色のメラニンの方はシミの原因にはならないんです。

L-システインという成分のしくみはこういうことだったんですね。

では、メラニンはどのような理由で作り始めるかというと、紫外線やストレス、大気汚染等によって肌の活性酸素が発生。

この活性酸素は、細胞をサビさせていくというものですが、これによりメラノサイト(メラニンを作る工場)が活性化します。

メラノサイトが活性化することで、チロシナーゼの働きが活発になるんです。

生命を維持するために必要なエネルギーを得るためにミトコンドリアで酸素を消費しています。

活性酸素というのは、これらの酸素の一部が、反応性の高い状態に変換されたものです。

活性酸素は、細胞に損傷を与えるため、有毒なものとされていますが・・・・

紫外線によってメラニンを作ろうとするのは、紫外線からのダメージから守ろうということだと思う。

これが活性酸素の発生によって促進されるとしたら、一概に有害なもの・・・とは言えないような気もします。あたりまえか・・・

必要があって作り出されるんだけど、細胞を損傷させてしまう・・・という半面もあるという感じ?

活性酸素には、外から入り込んできた異物を排除するという働きがあるということがわかってきたそうです。これを利用した治療や新薬などの開発も期待されるそうです。

活性酸素は、老化には関係ないとする研究者もいるとか。

活性酸素が何をし、どこへ行くのかというのは、またゆっくり調べようと思います。

ところで、美白のことを考えるとき、ちょっとした疑問を感じたことがありませんか??

メラニン色素は、ヒトにとって有害な紫外線を吸収するために体のなかで作られていますよね。

日常的に、ある程度の紫外線を浴びて、必要なメラニンが作られるとして、これを阻止していて、大丈夫なんでしょうか?

紫外線の防御力が弱まってしまわないのでしょうか?

そこまで強力にはメラニンを抑えているというわけではないんでしょうかね?

実際に、化粧品であってもハイドロキノンを使った場合、日中お出かけするときは、日焼け止めを付けるようにと注意書きがあったりします。。。

これについてももうちょっと調べてみようと思います。

美白の種類

美白・・・・と聞くと、美白効果のある化粧品を付けることでどんどんシミが薄くなり、最後には消える・・・(かなり希望的な)というイメージがありませんか?

このイメージのような美白は、実は「還元美白」といいます。

メラニンの色を薄くして見えなくするというものです。

ですが、「美白」はこの還元美白だけではありません。

では、他には何があるかというと、「予防美白」というのがあります。

予防美白は、メラニンの生成を抑えるという美白。

紫外線などの刺激で、お肌がメラニンを作ろうとするのをブロックするということです。

予防美白は、今存在しているシミを薄くする力はないということになります。

また、「代謝美白」というのもあります。

代謝美白というのは、そもそもシミは、メラニンがお肌の奥で滞り、排出されないためにお肌に残ってしまっている状態です。

若いときは、ターンオーバーが正常で、新陳代謝によって、お肌の奥でどんどん新しい細胞が生まれ、古い細胞は押し出されて垢となって排出されますよね。

年齢を重ねたり、ダメージやストレスなどで、ターンオーバーが乱れると、お肌の奥に古い細胞が押し出されずに残っている状態なんです。

この、ターンオーバーを正常にしてあげることで、シミを自然に排出しましょう。というのが代謝美白です。

代謝美白の場合は、どんどん表面に押し出されるので、一時的にシミが濃くなって見えたりするそうですよ。

自分が美白しようとしたら、どのタイプを使いたいですか?

やはり、ダイレクトにシミを薄くする・・・という還元美白タイプのものでしょうか?

ですが、厚生労働省認可の美白成分の中で、還元美白タイプの美白成分はそんなに多くありません。

ビタミンC誘導体のみです。

でも、ビタミンC誘導体を使用しているの美白コスメは結構多いですよね。

医薬部外品とは??(美白化粧品)

医薬部外品は、医薬品と化粧品の中間に位置するもの。

ある特定の効果・効能について、薬事法により承認された製品。

医薬部外品として販売するためには、厚生労働省の認可が必要、そのためには、医薬部外品として承認を受けた美白成分を決められた量配合していなければならない。

医薬部外品として認可されると、「メラニン色素の生成を抑えることにより、日焼けによるシミ・そばかすを防ぎます」といったような表現を広告などで表示できます。

それ以外は、「メークアップ効果」により肌を白く見せるとしか書けません。

「美白」「ホワイトニング効果」というような表現は、薬事法で承認された表現ではないので、使えないんですが、美白やホワイトニングなどの文字を広告等で見たことありますよね??

それは、必ず、付記があって、「メラニン色素の生成を抑えることにより日焼けを起こしにくい」「メラニン色素の生成を抑えて」というような説明がどこかにしてあるはずです。

単に、「美白」というのは、色黒の人が白くなれる、皮膚の構造や機能に影響を与えるような誤解があるといけないということなんです。

もともとの肌の色を白くすると誤認させるような表示はできないというわけです。

医薬部外品として承認を受けた美白成分には

・αアルブチン
・βアルブチン
・エラグ酸
・コウジ酸
・ルシノール
・カモミラET
・リノール酸S(リノレックS)
・m-トラネキサム酸
・ビタミンC誘導体   
・エナジーシグナルAMP
・マグノリグナン
・プラセンタエキス  
・4MSK
・D-メラノTM

があります。