コスメの使ってみた感想やクチコミをどんどん更新しちゃいます♪

美容カフェ コスメクチコミ情報

美白

医薬部外品とは??(美白化粧品)

更新日:

医薬部外品は、医薬品と化粧品の中間に位置するもの。

ある特定の効果・効能について、薬事法により承認された製品。

医薬部外品として販売するためには、厚生労働省の認可が必要、そのためには、医薬部外品として承認を受けた美白成分を決められた量配合していなければならない。

医薬部外品として認可されると、「メラニン色素の生成を抑えることにより、日焼けによるシミ・そばかすを防ぎます」といったような表現を広告などで表示できます。

それ以外は、「メークアップ効果」により肌を白く見せるとしか書けません。

「美白」「ホワイトニング効果」というような表現は、薬事法で承認された表現ではないので、使えないんですが、美白やホワイトニングなどの文字を広告等で見たことありますよね??

それは、必ず、付記があって、「メラニン色素の生成を抑えることにより日焼けを起こしにくい」「メラニン色素の生成を抑えて」というような説明がどこかにしてあるはずです。

単に、「美白」というのは、色黒の人が白くなれる、皮膚の構造や機能に影響を与えるような誤解があるといけないということなんです。

もともとの肌の色を白くすると誤認させるような表示はできないというわけです。

医薬部外品として承認を受けた美白成分には

・αアルブチン
・βアルブチン
・エラグ酸
・コウジ酸
・ルシノール
・カモミラET
・リノール酸S(リノレックS)
・m-トラネキサム酸
・ビタミンC誘導体   
・エナジーシグナルAMP
・マグノリグナン
・プラセンタエキス  
・4MSK
・D-メラノTM

があります。


-美白

Copyright© 美容カフェ コスメクチコミ情報 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.