ビタミンC誘導体(美白成分)

ビタミンCというのは、とてもたくさんの優れた効果があります。

ですが、化粧品などに配合する際に問題となってくる特性があります。

そのため、開発されたのがそのいくつかの問題を克服したビタミンC誘導体です。

なので、ビタミンC誘導体の種類は1つではありません。

まず、ビタミンCは水の中では不安定で分解しやすいので、水中でも分解しにくいビタミンC誘導体が開発されました。

また、水にはよく溶けますが、油には溶けにくいため、油になじみやすい油溶性のビタミンC誘導体もあります。この油溶性にすることで、皮膚の中により入りやすくなっています。

ビタミンCは、チロシナーゼの働きを阻害して、メラニンの生成を抑える働きのほかに、ユウメラニンを還元してメラニンの色を薄くする作用があります。

ビタミンC誘導体を高濃度配合すると、化粧品であれば、べたつく感じがする傾向があります。

また、ビタミンC自体に刺激感があり、ビタミンC誘導体も高濃度に配合すると、肌に刺激を感じる人も増えてきます。

このため、ビタミンC誘導体配合の化粧品を使い続けるためには、使用感のよいものを作らなければならないですし、消費者からみれば、そういったものを選ばなければならないということになります。

新型ビタミンC誘導体(APPS)というのは、水溶性と油溶性のどちらの作用も持ち合わせているものです。

水溶性ビタミンC誘導体の特徴は、表皮で効果を発揮、油溶性のビタミンC誘導体は、真皮へ浸透して効果を発揮するところです。

刺激などもほぼなく、敏感肌や乾燥肌の人も使うことができます。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>