マグノリグナン(美白成分)

カネボウが開発した美白成分。

美白の研究において、モクレン科ホオノキなどに含まれる、、「フェノール性二量体」という成分にとても高いメラニン生成抑制効果があるということに着目しました。

「フェノール性二量体」の構造を持っている天然成分「マグノロール」をもとに、より安全で安定性が高く、美白効果の高い有効成分「マグノリグナン」を開発。

チロシナーゼの活性化を阻害するのではなく、チロシナーゼの成熟を阻害する働きをする新しいタイプの美白成分です。

チロシナーゼは、チロシナーゼmRNAというDNAからチロシナーゼ生成情報が転写されたものの指示に基づき、合成、その後変化をして成熟型のチロシナーゼになります。

成熟型にならなければ、チロシナーゼはメラニンの生成に関与できないので、このチロシナーゼが成熟する途中で阻害してしまうことで、メラニンができるのを防ぐという効果があります。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>