プラセンタエキス

「プラセンタ」は胎盤のことですが、化粧品などに含まれているプラセンタは、胎盤からグロースファクターや他の栄養分を取り出したものです。これはプラセンタエキスなどと呼ばれます。

プラセンタエキスには、アミノ酸、タンパク質、糖質、ビタミン、核酸、活性ペプチド、脂質・脂肪酸、ムコ多糖体、ミネラル、酵素などの栄養が含まれています。

また、細胞の分裂を適切にコントロールする成分、「成長因子」(グロース・ファクター) あるいは 「細胞増殖因子」が含まれています。

この成長因子は自然界では胎盤にしか含まれていません。

赤ちゃんをお腹のなかで高速で正確に細胞分裂させるためのものです。

お肌に関係するグロースファクターとして、プラセンタに含まれているのは、繊維芽細胞増殖因子、上皮細胞成長因子です。

繊維芽細胞増殖因子は、FGFと呼ばれることが多いですが、真皮にあるコラーゲンを作り出す線維芽細胞にはたらきかけ、成長や増殖を促進させまます。

上皮細胞成長因子は、一般的にEGFと呼ばれ、上皮(皮膚・粘膜など)の細胞の増殖を調節する重要な役割があります。

美白作用については、チロシナーゼの活性化を阻害する作用があります。

また、プラセンタエキスには、エネルギー代謝を高めたり、新陳代謝を促したり、保湿といったような、美容作用があります。

このため、ターンオーバーを促し、メラニン色素を排出するため、今あるシミも押し出し排出するという働きがあります。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>