ハイドロキノン(美白成分)

ハイドロキノンは、チロシナーゼの働きを阻害し、また、漂白作用もあります。

厚生労働省認可ではないですが、今現在では、美白効果の一番高いものとしてはハイドロキノンという考え方が一般的になっています。

ハイドロキノンは、イチゴ類や麦芽、コーヒーといったものに存在している成分です。

アメリカでは、美白成分としてはハイドロキノンが一般的です。

日本では、長い間化粧品に使われていませんでしたが、2001年の薬事法の改正により化粧品に配合できるようになりました。

化粧品の配合が禁止されているハイドロキノンモノベンジルエーテルは、メラニン色素の合成を強力に抑えますが、色素細胞に対する毒性が強い。

これに構造が似ているため、ハイドロキノンも化粧品に使われていませんでした。

このハイドロキノンモノベンジルエーテルは、長期に使うと、白斑を引き起こすことが知られています。

マイケルジャクソンが皮膚の漂白に使っていたのがこれだとも言われてる成分です。

ハイドロキノンが危険として化粧品に長い間使われていなかったので、ハイドロキノンを真似た美白剤が開発されてきました。

アルブチンもそのひとつです。

ハイドロキノンについても、使いすぎで白く色抜けすると心配する人も居ます。

ですが、5%程度のハイドロキノンで白斑の報告はありません。

化粧品に配合されているのは、1~3%程度です。

高濃度で長期間、大量に使って、日光を無防備に浴びた場合などは、色素沈着が起こった例があります。

そのため、ハイドロキノンを使っている間は、UVケアを必ずすることが勧められています。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>