ビーグレンは毛穴に効く

毛穴の開きって気になります。

ファンデーションを塗るとファンデが落ち込むし、

脂分が多い場所が開いていることが多いので、とくにギラついて目立ちます。

自分で見てると、きもちわるいです。

目を寄り目にして、見てるほうもどうかと思いますが。

口コミなどをたよりに、使ってみたのがビーグレン。

ビーグレンって、たぶん聞いたことがある人は少ないのかもしれないな。

私は、以前から知っていたのですが、ビーグレンの美容液が毛穴にいいなんて知らなかった。

実は、気になっていたアイテムだったので、セールを機に買ってみました。

DSCN7379

なんか、使ってみると面白いんだけど、

なぜかふわっと温かくなる。

これは、浸透するときにそう感じるのかな?

それとも、ビタミンCの仕業とか?

というのも、普通、化粧品ってビタミンCを配合するとき、ビタミンC誘導体にしてから配合すると思うんですが、ビーグレンは違う。

なんか、そのあたりがもう、他と違うなって感じです。

独自の浸透技術を持っているので、わざわざ誘導体にする必要がないんですって。

この浸透技術は、医療に使われているリポソームに似たようなものらしいです。

なんでも、真皮まで到達しているらしいですよ。

ホントかウソかというのはどうでもよくって、結局効くか効かないかです。

これが、結構効くので驚きなんですよね。

ビタミンCが毛穴に効くっていうのは知っていたんですが、

たしかに、ビタミンCそのまま入っているんですから、効果が出て当然と言えば当然なのかもしれません。

そうそう、ビタミンCは、乾燥しやすいって言われてますが、私が使った限りでは、ビーグレンのCセラムをつけて、乾燥した感じはしませんでした。

Cセラムについてさらに詳しくはコチラ>>もどうぞ。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>