化粧直しのファンデーションを考える

なんとなくなんだけど、40代くらいの女性なら、化粧直し用のファンデーションはパウダーファンデーションと思っている人が多いような気もする。

私は、外出先でファンデーションを直すということはほとんどなくなってる。

30代はほとんどファンデは使っていなかったので、いいとこ粉のついたあぶらとり紙を持ち歩いていたくらいです。

40代になってからは、あまり崩れなくなった。

私の場合、皮脂崩れが多かったけど、今はほとんど皮脂が出なくなってる。

かえって今は出て欲しいくらい。

崩れる位出て欲しいですw

 

パウダーファンデーションは、持ち運びに便利だし、ケースが好みだったら気分も上がる。

ケースに惹かれてそれほど必要なくても、買っちゃってる人もいるかもです。

最近は、リキッドでお化粧したかのような肌ができちゃうパウダーファンデもあったりして便利ですが・・・

やっぱりちょっとマットすぎてツヤが欲しいとか、昼から使うには乾燥気味、というような気持ちもなくはないです。

最近は、私はこれだな!って思っているのが、超流行中のクッションファンデです。

クッションファンデといっても、仕上がり感はいろいろなんですが、例えばメイベリンのピュアミネラル BB フレッシュクッションなんかは、すごくみずみずしくて、化粧水もいらないくらいの機能があるので、お化粧直しのあとは、とてもさっぱりとしてます。

クッションファンデは、コンパクトに入っているし、この点もお化粧直しにはぴったり。

ただ、まだそれほどこれは!って感じまでは薄い入れ物になっていなくて、ちょっと大きめでちょっと厚めなんですよね。

ここが、かなり薄くなってくれたらなって思います。

どうしてもリキッドでお化粧直ししたいときは、ケイトのパウダレスリキッドがいいです。

リキッドだけど、肌に乗せるとパウダーになるので、仕上げ用の粉も要らないです。

これもそれほど小さくもないけど、プラスチックのケースに入っていて、ポンプ式なので、持ち運びには便利と言えます。


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>